[PR] 有料老人ホーム 忍者ブログ
Xandllaのヴァナ・ディール放浪日記です [FF11 in Sylph]
[478] [477] [476] [475] [474] [473] [472] [471] [470] [469] [468
2017.09.23[Sat]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006.06.04[Sun]
↑このタイトルのボクシング漫画ありますが今日はボクシング関係ありません。
ちょっとブルーなさんどらですこんにちは。
サムライブルーも関係ありません。
だってサッカー興味ないんだもん(非国民


私だってたまにはブルーになるのです。
レッドにもなります。ピンクだけは嫌です。
息子がボウケンレッドをやって遊んでいるときにボウケンピンクをやらされそうなんだけど断固拒否なのです。
段々ナニがなんだか分からなくなって参りました。
轟轟戦隊ボウケンジャー(今年の戦隊モノ)の話は置いておきましょう。
ヴァナの話です。



私はPC版発売後、ちょっとしてからヴァナ・ディールに降り立ちました。
今日はちょっとその頃の話を書いてみようと思います。

拍手[0回]


私がヴァナ・ディールに本格的に降り立ったのは、PC版発売から過ぎること約2ヵ月後でした。
発売と同時に購入したものの、最初のうちは、POLのチャットルームでばかり遊んでいたのです。

当時、PC版の要求スペックの高さに挫折する人が多く、ある人が「PC版相談部屋」っていうチャットルームを開設していて、なんとなくふらふらと立ち寄ってみたんですね。
その人(Lさんとします)はほぼ毎日同じ名前でチャットルームを開き、Lさんの他に2〜3人、もともと別のネットの知り合いらしき特定の方が、よく立ち寄っていることに気がつきました。
そこでは、PC版のスペックで困っている人の質問に答えることを趣旨にしていたんだけど、もちろん雑談も多くて。
Lさんと仲間の人たちは、自作PCにとても詳しい人で、パーツのメーカーの話とか、聞いてて面白い裏話もそこで沢山聞きました。

そのうち、私を含めて3人ぐらいが、そのチャットルームに居つくようになり、PCについての相談で立ち寄ってくる人もまばらになってきて、チャットルームの名前も徐々に変わってきて、お互いフレンド登録してルームの名前を教えあって待ち合わせるようになりました。

その頃、私は今いるサーバーとは別サーバーで、サンドリア出身のエルメス戦士として、ゲルスバ野陣営に篭りきりでした。
その鯖で一度だけラテーヌ高原へ足を伸ばしてデカ羊に踏み潰され、勝てるレベルになるまではゲルスバから出ない!と決めていまして。
レベルが上がると弱い敵から経験値を得られなくなることさえ知らなかったのです。
ネットで色々調べるっていう発想がまだなく、教えてくれるようなフレもなく、LSなんてもちろんなくて。

ヴァナでちまちま弱い敵を狩っているより、その頃はチャットルームで仲間と馬鹿話をしてる方が楽しかったなぁ。


そのうち、Lさんが

「この仲間でヴァナで一緒に遊びたいね」

って言い出しました。
ほとんどの仲間が賛同して、Lさんにワールドパスを発行してもらい、シルフサーバーに集まることになりました。
場所はバストゥーク。


私はその時しばらく悩みました。
別鯖でプレイしているエルメスはすでにLv14になっていました。
捨てるのは惜しい。
でもこのメンバーとおしゃべりしてる方が楽しいのも事実で。

いいや、シルフサーバーはお遊びで。
集まる日は決まってるんだし、その時に来る用のキャラを作ろう。

そう思って作ったのが、今ではメインキャラとなっているサンドラです。


集まるのはバストゥーク。
出身国対応種族だと指輪もらえるからガルカかヒューム。
ガルに♀いないしなぁ。ヒュームかぁ、まいっか。
この程度のノリでヒュム♀をチョイス。
F1になったのは、単に画面に一番最初に出てたから。実話です。
そのぐらい行き当たりばったりで作ったんです。

キャラ名の由来は違う機会に書きますが、当時私は、ネットでは別のHNを使っていました。
しかしその時、シルフ鯖ではすでにその名前のキャラがいるらしく、どうしてもその名前では作れない。
なので、今の名前に。この名前も結構行き当たりばったりにつけています。


そして仲間が6人集まって。
1人は、すごい勢いでレベル上げて、1週間後にはチョコボに乗ってたぐらいでしたけど、他の人は、街から出ずに釣りばかりしてました。
バス鉱山区の競売の脇に、ドブみたいな用水路がありますよね?
あそこで、来る日も来る日も釣りしながらチャットしてたんです。
PTの組み方も分からず、LSとかもなしで、say会話で。
確か、シルフに集まって最初の2週間ぐらいは、街から出てさえいなかったんじゃないかな。


そのうち誰かが、PTも組むだろうし、リンクシェルってつけてみない?
って言い出して。
LSってなんだーってとこから始まったんだったなぁw
Lさんが暫定でフレと持っててその時は無人になってたLSを、とりあえず最初につけて、LSってこんなものだよ〜ってことを知り。
みんなでお金を出し合って、最初のLSを作りました。
当然リーダーは牽引役のLさん。


知り合いに言うとびっくりするんですが、当時の私は、街中を1人じゃ移動できませんでした。

鉱山区競売横のドブから、モグハにいくのもおぼつかない。

毎日、競売と用水路と、ミミズ売ってる雑貨屋の往復だけ。
なんとツェールン鉱山に入ると自力で出てこられないぐらいだったのです。

1回目 死ねばHPに戻ると知っていたので死にデジョン脱出
2回目 仲間にSOSして迎えに来てもらう
3回目 仲間に(ry
4回目 仲間(ry
5回目 仲間にSOSするも飽きられて、壁沿いに歩いて初の自力脱出成功


今思うと、3Dに慣れてないせいだったのかなって気もするんだけど・・
なんであんなに道に迷ってばっかりだったんだろうil||li _| ̄|○ il||li
今じゃマップなくても、ネットで地図調べたりできればどうにか歩き回ることができます。
慣れって怖い。


最近はじめた初心者さんって可哀想だな〜って時々思います。
まわりは高レベルばっかりで、身の丈に合った仲間なんてめったにいないんだもん。
私は幸い、ほぼ同じペースで進める仲間がジュノレベルあたりまで一緒だったので、そういう心細い思いはしなくてすみました。

心細いってのは違うのかぁ・・
同じ目線で冒険できる仲間がなかなかできないんじゃないかなって・・
私のLSにも今まで、何度か新人さんが入ったことがありますが、同じLv帯まで上がってくるのをみんなあせる傾向がありますね。
手伝ってもらってばかりで申し訳ない、って言われたことがあるし。
守られてるばかりじゃつまらないって言ってたのを聞いたこともあるし。

私だって、今までに、先行の人に色々助けてもらってます。
それを後続の人に返してあげてるつもり。


だけどやっぱり、私は最初は恵まれてたんだろうな。
色々なことが手探りだったあの頃、仲間と一緒に「なんだろうね〜」「どうやるんだろうね〜」って悩んだこと。
今思えば、あの頃の仲間は、ネットで色々調べることには慣れてる人種の人達だったはずだけど、何故かそういうことはあんまりしていなかった。
何でも自分達で手探りでやっていた。

6人で、パルブロ鉱山でミッションのアイテムを集めながら、何度も何度も戦闘不能になったりして。
競売で買えるってことを知った時は愕然としたっけ。


あの頃は、ほんとにヴァナ・ディールでのすべてが冒険だった。

今の自分や、遊び方が嫌いなわけじゃないんだけど。
時々立ち止まって、あの頃のことを思い出してみる。
今日はちょっと、戦闘装備を脱いで、マップみないでチョコボで走り出してみようかな。
そんな気分になりました。



あ・・アトルガンにチョコボまだいない・・(ノД`)




初心に帰ろう、って気分のお話でした。長くなっちゃった(/ω\)
応援お願いします!→
 banner_02[2].gif MMO@BlogRanking
COMMENT
無題
オレもLSに入った日にコンシュに冒険に行き、そこで会ったデカ羊に

「うお、ベヒモだ!!」

とか言ってたのを思い出しましたw

当時は世界がめちゃくちゃ広く感じましたね〜。
今でもセルビナにいくと、初心者の時の感じが思い出されたりします。
そういえば最近初期フレと遊んでないなぁ…。
こういう日記もいいですねw
汁鯖のヒゲダンディー URL 2006/06/04(Sun)15:51:56 編集
無題
>ヒゲ鯖の汁ダンディー様(ぉぃ

最近セルビナにいくと、ほんと人がいなくてちょっと寂しいです。
私が砂丘レベルの頃って、セルビナ入り口がジュノ下層競売前のように大混雑だったので・・
あの頃のフレの大半が引退しているので、正直とても寂しいです(´Д⊂)
さんどら URL 2006/06/06(Tue)11:52:33 編集

無記名の場合は【名無しのサブリガ仮面】と表示されます
Name
Title
Color
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
※当ブログでは、コメント・トラックバックは、管理人の承諾後に表示されます※

TRACKBACK
TrackbackURL:
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
HN:
Xandlla
はじめておいでの方は
コチラを御覧下さい。
total hits

かし [03/13]
通りすがりのちっちゃいタル [03/13]
せがが [02/08]

FFXIコミュニティサイトリンクに登録しました
since 2009.06.05
忍者ブログ [PR]


2002-2010 Xandlla @ Wandering Alexandrite
Copyright (C) 2002-2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
当Weblogに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。